三河の友(コラム&トピックス)

« 今年の卒館生ついて | 三河の友TOP |

平成29年度新入生を迎えて~三河寮の新歓行事~

カテゴリー:館長コラム / 2017年04月13日

こんにちは。館長の酒井です。
4月も中旬に差し掛かり東京の桜も散り始めました。
4月2日には新入生を迎えて、毎年恒例の花見が企画されましたが、今年はずいぶん長い期間桜が楽しめているなという印象です。

毎年恒例といえば、花見から始まる一連の新歓行事です。
学生会館として公式の新入生歓迎会は1回だけなのですが、学生自治会が企画運営する新歓行事は男女それぞれに存在します。

OBの方々はご存知かと思いますが、男子の場合、上級生が連日各学年に分かれて歓迎会を催します。
2年生主催の「銅バッジ」、3年生主催の「銀バッジ」、4年生主催の「金バッジ」、院生主催の「プラチナバッジ」(近年は金・プラチナ合同の場合が多い)、その後さらに「男子全体新歓」「男女合同新歓」も行われます。
これは、新入生にとって確実に先輩たちの顔と名前を覚えるための配慮であると聞いたことがありますが、実際連日駆り出される新入生にはありがた迷惑な部分もあるかもしれません。

女子の場合、生活空間が階ごとに分かれれていることから、学年ごとではなく階ごとに分かれて歓迎会が催されます。
よって、女子の場合男子よりも歓迎会の回数は少なくて済みますが、一方で階の異なる人と顔を合わせる機会は少なくなってしまいます。

男子も女子も歓迎会のスタイルに違いはありますが、今後学生間の交流を深めていけるかどうかは結局のところ個人の心がけ次第です。
今年の新入生にも、この学生会館の環境を十分に活かしてもらえることを願っています。

※現在女子館において、3年生以外の学年で欠員があります。ご興味のある方は事務局までお問い合わせください。

 
   女子3階フロア 歓迎会より        男子 銀バッジ(3年生主催歓迎会)より

投稿者:事務局 酒井